良い不動産を得るためには、あらかじめ失敗しがちなポイントについて理解を深めておくことが大切です。不動産を取得するときの基本的なルールや不動産会社の選び方、担当者とのやりとりの仕方を知っておきましょう。優良な不動産を取得するための選び方のポイントについて解説していきます。

選び方で決まらない?不動産を取得するときの基本ルール


日本の不動産は、「レインズ(REINS)」と呼ばれるデータベースによって管理が行われています。そのため、どの不動産会社を選んだとしても、紹介される物件にそれほど差はありません。

ここでは、レインズの基本的な特徴について触れると同時に、不動産会社の見極めが大事である点を紹介していきます。

不動産情報は共通のデータベースで管理されている

レインズは宅建業法にもとづいて、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が管理をしているデータベースのことを指します。不動産取引における基本となる情報なので、どの不動産会社においても共有されているのです。

ただ、取り扱っている物件は同じであっても、どのような取引を行うかは会社によって異なります。そのため、不動産取引においては不動産会社を見極めることがとても重要なポイントとなるのです。

レインズの特徴

レインズは、東日本・中部圏・近畿圏・西日本の4つの不動産流通機構によって管理されています。主な特徴としては、媒介契約制度による登録であるため、不動産取引を安全に行える点があげられます。

また、蓄積された過去の取引事例を参考にでき、円滑な不動産取引ができるといったポイントがあるのです。買主や売主の最新情報が登録されているので、スムーズな取引が可能となっています。

不動産会社の選び方で失敗しないための2つのポイント


不動産の購入で失敗をしないためには、不動産会社の種類や特徴を押さえておく必要があります。信頼できる会社かどうかを判断するための2つのポイントについて見ていきましょう。

ポイント1.不動産会社の種類

不動産会社は大きく分けて、「大手不動産会社」「フランチャイズ加盟店」「地元の不動産会社」の3つがあります。大手不動産会社は全国的に営業を行っているため、取り扱っている物件の数が多く、条件に合った物件を探しやすいといった特徴があります。

一方で、地元の不動産会社は地域の事情に明るいため、物件の購入価格の交渉が有利に働くケースがあるのです。地元のオーナーと密接な関係があるからこそ、融通が利きやすいといったメリットがあります。

そして、フランチャイズ加盟店は大手不動産会社のノウハウや情報量を持ちながらも、地域に根差した営業を行っています。大手不動産会社と地元の不動産会社の良い点を兼ね備えているところに特徴があると言えるのです。

ポイント2.信頼できる不動産会社を選ぼう!

不動産の購入は資金面から見ても大きな買い物となるので、慎重に判断することが大切です。信頼できる不動産会社かどうかは、実際に訪問をして接客態度や事務所の雰囲気などを自分で確認することが重要だと言えます。

「こちらの質問に丁寧に答えてくれるか」「円滑なやりとりが行えるか」といった部分をチェックして、安心して取引をお願いできる不動産会社を選んでみましょう。

不動産の担当者とのコミュニケーション


優良な不動産を得るためには、取引を依頼する不動産会社の担当者との綿密なコミュニケーションが欠かせません。円滑なやりとりを進めるためには、どのような点に気をつけるべきかを解説します。

希望する物件の条件を整理しておこう

不動産会社の担当者とスムーズなやりとりを行うためには、予算や購入時期などの希望する条件をあらかじめ整理しておくほうが良いでしょう。大まかな条件が決まっているだけでも、物件探しにかける無駄な時間を減らせるはずです。

特に細かな希望条件がない場合であっても、どのような目的で不動産を購入しようとしているのかを伝えるだけでも、担当者とのやりとりがスムーズになると言えます。

担当者のチェックポイント

良い担当者かどうかを見極めるポイントとしては、「顧客のペースに合わせてくれる」「物件のメリット・デメリットをきちんと説明してくれる」「清潔感や誠実さが感じられる」といった点が大切になるものです。不動産会社のペースではなく、顧客のペースに合わせてくれる担当者だと安心感を抱けます。

また、物件の良い部分だけでなく、注意すべきポイントなどを説明してくれるかどうかも重要です。顧客からの質問に丁寧に答えてくれて、清潔感や誠実さが感じられれば、安心して取引を任せられるでしょう。

信頼できる不動産会社と担当者を選ぶ

不動産取引においては物件選びが大切であるものの、それ以上にどの不動産会社を選んでいくかといった点が重要になります。疑問点や不明点に対して、丁寧な説明をしてくれる会社や担当者であるほうが良いでしょう。実際にやりとりをしてみて、信頼できる不動産会社を選ぶことが大事です。