「マンションを売却したい」と考えるときには、査定の仕組みについて正しく理解をしておく必要があります。納得のできる価格で売却をするためにも、相場情報の調べ方についても押さえておきましょう。また、売却に伴って発生する諸費用や税金のことも理解しておくことが重要です。今回は、マンションを売却する際の査定のコツと基本的なポイントについて解説します。

マンションの売却査定を受けるコツと基本的なプロセス・注意点


マンションを売却するときには、査定のコツや注意点について、いくつかの押さえるべきポイントがあります。特に物件を売却するタイミングは自分で決める必要があるため、一連の流れをよく押さえておく必要があるのです。

マンションの売却査定の基本的な流れと、ポイントについて見ていきましょう。

マンション売却査定の5つのコツ

売却査定を有利な条件で進めていくためには、「複数の不動産会社で査定をしてもらう」「売却実績を確認する」「書類などの事前準備を整える」「査定額だけで決めない」「早めに訪問査定を受ける」といった5つのコツを押さえることが大切です。

むやみに査定を急いでしまうではなく、複数の不動産会社を通じて比較・検討をしながら進めてみましょう。そのためにも、マンションの売却を考えるときには、早めに不動産会社に相談をして、時間的な余裕を持つことが重要です。

不動産会社を選ぶときには、売却実績をよく確認して、売却価格の目安について担当者に尋ねてみましょう。ただ、査定額だけで判断するのではなく、安心して任せられる会社かどうかを見極めることも大事です。

そして、スムーズな取引を進めるためにも、売却のために必要となる書類はあらかじめ準備しておきましょう。書類に漏れや不備があると、それだけ売却までに時間がかかってしまうので注意が必要です。

売却を検討するときの注意点

マンションを売却するときには、「ローンの残債」「売却にかかる期間」「必要書類」など、売主にとって気になるポイントも多いものです。ローンがまだ残っている状態であっても、マンションの売却は基本的にできる場合が多いと言えます。

ただ、抵当権を抹消する費用が発生したり、売却してもローンが残ってしまったりする可能性もあるので、担当者によく相談をすることが大切です。売却までにかかる期間は、物件に対するニーズなどにもよりますが、さまざまな手続きが必要となるので数カ月は見込んでおく必要があります。

そして、売却査定を依頼するときに必要となる書類としては、「パンフレットや間取り図」「重要事項説明書」「管理規則」などがあげられます。自分でも気づいていなかった売却に有利な情報が書かれている場合もあるので、物件に関する資料は早めに準備しておきましょう。

マンション売却時の基本的なプロセス

マンションの売却は、一般的に「査定依頼」「調査・査定」「媒介契約」「売却活動」「売買契約・引き渡し」といった段階を踏んで行われます。まずは、不動産会社に査定依頼を行い、実際に物件を調査してもらう必要があるのです。

査定価格に納得できる場合には、不動産会社と媒介契約を交わし、売主が見つかるまで待ちます。条件にあてはまる売主が現れたら売買契約を交わして引き渡し、諸費用を除いた売却代金を受け取るのが基本的なプロセスとなります。

査定を有利に進めたい!マンションの売却価格を調べる方法


マンションの適正な売却価格を知るためには、「インターネットを使って自分で調べる方法」と「不動産会社に査定依頼をする方法」の2つがあります。それぞれの方法について紹介していきます。

インターネットで相場情報を調べる

売却をするタイミングを見極めるためにも、大まかな売却価格を把握しておくことが大切です。インターネットを利用すれば、売買価格の目安を調べられるWebサイトがあるので、うまく活用してみると良いでしょう。

複数の不動産会社に対して、一括で査定を依頼できるWebサイトもあるので、時間の節約にもつながります。相場の目安を調べつつ、不動産会社を見つけることに役立てられるはずです。

不動産会社に査定依頼を行う

マンションの売却価格は、広さ・築年数・周辺環境などさまざまな条件をもとに決められています。そのため、詳細な査定価格を知りたいときには、不動産会社に査定依頼を行うほうが良いと言えます。

個人ではなかなか調べにくかったり、判断しづらかったりする部分も、不動産のプロに任せることで気づける面もあるのです。査定依頼の対応などを踏まえて、どの不動産会社に売却を依頼するのかを検討してみましょう。

査定額に影響を与えるポイントとマンション売却時にかかる諸費用


マンションの査定額には立地や面積、築年数といった要因が影響を与えます。また、マンションは売却価格も大きいので、諸費用もそれなりにかかる点も押さえておきましょう。

ここでは、査定額に影響を与えるポイントと売却時に発生する諸費用、各種税金について解説していきます。

こまかくチェックしよう!査定額に影響する7つのポイント

マンションの査定においては、立地(周辺環境)・面積・築年数・管理費や修繕費・管理状況・共用スペース・駐車場の有無といった7つのポイントが、売却価格に影響を与えます。特に立地は、査定価格に大きな影響を与えるものであり、どの程度のニーズがあるのかを把握しておくことが大切です。

面積については「人気のある間取りとなっているのか」、築年数については「新耐震基準に適合しているのか」といった部分がポイントになります。また、管理費や修繕積立費の金額についても、詳細を確認しておきましょう。

実際に物件を購入する側に立って、物件の管理状況や共有スペース、駐車場の有無などについても調べておく必要があります。自分が住みたいと思える物件であれば、自ずと査定額も高くなる傾向にあるので、1つ1つの項目をチェックしていくことが大切です。

マンション売却時に発生する諸費用

マンションを売却する際には、売買契約時に仲介手数料や印紙代などが発生します。また、売却手続きを行うために、印鑑証明書や固定資産税評価証明書などの書類の発行手数料もかかります。

そして、引き渡し時や引き渡し後には、住宅ローンの一括返済費用や抵当権抹消費用、引越し代なども発生するのです。これらの諸費用についても、あらかじめ計算をしたうえで、売却価格が妥当であるかを判断してみましょう。

固定資産税と譲渡税

マンションの売却時には、固定資産税を精算する必要があります。年の途中で売却するときにはこまかな計算が必要となるため、不動産会社の担当者に尋ねてみましょう。また、マンションの売却価格が取得費用を上回っている場合には、利益(譲渡所得)が出ているため譲渡税を支払わなければならない場合もあります。

マイホームの場合には、各種税制による特例が受けられることもあるのです。税制を自分で勉強して計算をするのは大変でもあるため、不動産会社に相談をして正確な金額を算出してもらいましょう。

査定額を把握し有利に取引を進める

マンションを売却する判断を行うためにも、査定額を把握しておくことが重要です。インターネットを使って自分で調べたり、不動産会社に相談をして詳しい査定額を尋ねたりする方法があります。所有する物件がどの程度のニーズがあるのかを把握したうえで、有利な条件で取引を進められるように、売却の基本的な流れを押さえておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です